きもの永見トピックス

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

店頭にもゆかたをはじめとした、夏物の商品が入ってきました。

本日はきもの永見がセレクトした新作のゆかた、小物等をご紹介します。

 

きもの永見セレクト・新作ゆかた

深い青とショッキングピンクが目を引く一枚です。この写真は黄色の帯を締め、周囲の視線に集めること間違いなしなビビットスタイルになっていますが、帯や小物次第で可愛くもかっこよくもなれる一枚です。色々な帯や小物を集めれば気分ごとにガラッと違った印象を与える着こなしができちゃいます。

 

次の浴衣は夏朝顔を大胆にあしらった一着です。目を引く個性的な柄ですが、爽やかな水色とすっきりとした配色が夏らしく大人っぽい印象を与えてくれます。

浴衣をシンプルにサラッと着こなしたい方におススメです。

 

ポップな色合いの紫陽花がとっても可愛らしいゆかたです。

色や柄も主張しすぎないシンプルなデザインで控えめな可愛さが着た人の可愛らしさも引き立たせてくれます。

 

他の人とは違ったゆかたを着てみたい…という方も喜んで頂ける、個性的なゆかたもたくさんございます。

 

こちらはぐっと大人っぽくなる幾何学模様風のゆかたです。

お花の柄の浴衣も可愛らしいですが、他とはちょっと違う雰囲気で、粋にゆかたを着こなしたい方にはおススメです!

一見、かわいい水玉模様のこちらの浴衣。よ~く見てみると・・・

猫のシルエットと肉球がコッソリまざってるんです!

猫柄の帯と組み合わせたら、猫好きの方にはたまらないコーディネートになりますね~。

 

大きなトランプ柄が人目を引きつけそうなこちらのゆかた。黒の時計の柄とのコントラストが独特の雰囲気ですね♪こちらも個性的なダイヤの帯と赤の下駄を組み合わせてみました。

 

今年はいつもと違った雰囲気のゆかたに挑戦してみたい方、

お祭りの時に、ちょっとした話題作りにもなる個性的なゆかたを

ぜひぜひ、きもの永見で体験してみてくださいませ。

 

半巾帯、小物でおしゃれな着こなしに

夏の夜空に輝くような、花火があしらわれた浴衣です。花火大会に、こんな素敵な浴衣姿の方を見かけたら、花火よりも視線を集めてしまうかもしれませんね♪

合せているのは、ピンクのラインが可愛らしい芭蕉布の半巾帯で、夏場にピッタリな涼しそうな帯です。

また、浴衣の帯に表と裏の色柄が異なるリバーシブル帯を使えば、同じ浴衣でも出かけるときの雰囲気によって表裏を変えればいいので、いろいろなコーディネートが楽しめます。

他にも、きもの永見にはさまざまなリバーシブル半巾帯がありますので、ぜひ、浴衣に組み合わせた時の雰囲気の違いを楽しんでくださいませ♪

 

 

こちらの爽やかなゆかた、一番のポイントは一際目を引くかわいいお花の帯留です!色の種類も豊富なので、浴衣や帯に合わせて組み合わせを変えてみても楽しいですよ。

着物にも使える帯留、帯〆を使うと着物風のコーディネートにできるのでおススメです。

ゆかたと帯のコーディネート

 

同じゆかたでも、帯を変えるだけでそれぞれ違った雰囲気を演出できます。

今回はゆかたで半巾帯のコーディネートをしてみました。

白い牡丹の柄がきれいなこちらのゆかた。帯のない状態だとすっきり爽やかで夏らしい印象です。
ここから何枚か帯を合わせていきます。

まずは、ピンクの帯です。ピンクの帯を締めると可愛く女性らしくなります。
この帯は濃いめでひきしまった印象を与えるので細く見せたい方にもオススメなコーデです。

次は、黄色の帯です。黄色の帯は明るく華やかな印象を与えます。
賑やかなお祭りにぴったりです。

最後に紫の帯です。他の2本と比べて落ち着いた印象になります。
ゆかたを大人っぽく着こなしたい方におススメです。

三種類の帯を合わせてみましたがどれもガラリと違った印象を与えてくれますね。

 

お次はこちらのとても可愛らしい浴衣のコーディネートを紹介します!

ピンク色に小花柄のとっても可愛らしい雰囲気のゆかた。
では、ここから帯を合わせていきます。

まずはこちらの赤い帯です!
ゆかたの可愛らしい雰囲気をより引き立たせ女性らしい印象を与えてくれます。

次は黄色の帯です。黄色の帯にすると一気に明るくなります。
水玉模様も可愛らしく、可愛い雰囲気のゆかたに合いますね!

次に紹介するのは、こちらの緑の帯です。
上の二つとは雰囲気が変わって少し大人っぽい印象になります。

最後に紹介するのはこちらの水色の帯です。
水色の帯を締めて頂くと爽やかで夏らしいスッキリとした印象になります。

 

こちらは大きな牡丹が華やかなゆかたです。このゆかたで、帯だけではなく草履やバック、帯〆などを使い全身コーディネートを試してみました♪

オレンジの帯に白の下駄とかごバックを組み合わせたら夏らしく元気に、涼しそうなコーディネートになりました。

こちらは名古屋帯とカフェ草履を組み合わせたものです。黒のかごバックも合わせて、落ち着いた雰囲気の夏着物コーディネートになりました。

帯が変わるだけで、同じゆかたでも違った雰囲気にすることができます。
ゆかたと帯、どの組み合わせが一番可愛いかな、と考えるのもとても楽しいですし、組み合わせによっては自分なりの着こなしができそうでわくわくしました。
お気に入りのコーディネートをぜひ見つけてみて下さい!

 

お誂(あつら)えゆかたって?

今年は自分にピッタリのゆかたでおでかけしたい!という方におススメなのが「お誂(あつら)えゆかた」です。

お客様一人ひとりのサイズをきちんと測って、それに合わせたゆかたができあがりますので、小柄な方や身長の高い方も安心してマイサイズのゆかたを着ることができます。

また、種類も豊富なのでお探しのゆかたがきっと見つかるはずです!

反物の状態で並んでいますので、「実際に着たイメージがつかめないんじゃ?」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

一枚の生地の反物をまるで出来上がったゆかたを着ているように着付けいたします。

実際に着付けをした姿がこちらです。本当にゆかたを着た時と同じように映るのでひろげた時とイメージが違った・・・なんてこともありませんよ。

白い衿を付けて着物風に着ることもできますし、帯のコーディネートもたくさん楽しめます♪

ゆかたのお仕立てをお考えの際は、ぜひ永見で反物ゆかたの着装をお試しください。

 

 

ゆかたを着るのに何が必要?

お祭りで浴衣を着たいなと思っても、実際には何が必要なのかもよくわからないという方も多いと思います。

なので、今回は浴衣を着るにあたって必要なものについて着付け教室講師の太田先生に教えて頂いたことを紹介していきます。

まずは、

浴衣と半巾帯、下駄です。ここまでは着た時に外から見える部分なので皆さん御存じだと思います。

次に、忘れずに用意して頂きたいのが下の写真の5つです。

こういった、外からは見えませんが着付け道具や肌着も必要になってきます。上の写真は必要なものの一例です。

・前板
・コーリンベルト
・腰紐3~4本
・衿芯
・ゆかた下

その他にもタオルなどもご準備ください。

上4つの着付け道具は振袖を着られた方はお家にある方も多いかと思います。ぜひ探してみて下さい!
しかし、浴衣を初めて着るという方はゆかた下はお持ちでない方がほとんどだと思いますし、ゆかた下という言葉を初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。
なので、今回はゆかた下について説明していきたいと思います。

『ゆかた下』とは浴衣の下に着る肌着です。

「浴衣だけで着ちゃだめの?」 と思われる方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、その考えも間違っていません。

以前は浴衣という漢字の通り、湯上りに着る着物で、浴衣のみで着るのが一般的でした。

しかし今は時代が変化し、浴衣も気軽に着るものではなく「ここぞ!」という時に着る特別な一枚になりつつあります。
そんな特別な一枚で大切な浴衣が汚れてしまわないよう、ゆかた下という肌着を着るのが、一般的になってきています。

永見では、様々なゆかた下を取り揃えていますのでそちらの紹介していきます。

まずはこちらの『ゆかた下』から!

通気性に優れ、夏の汗ばんだ肌にも張りつきにくくさらりと着こなせます。
腰から下は壁絽といって風の通る涼しい素材で汗をかいてもはりつきません。また、汗ばむ時期は着物の肌着としても着れます!

次は紹介するのは『さららビューティー』という商品です。

こちらはひんやりと気持ちがよく通気性にも優れた夏にピッタリな新素材を使用した製品です。
ワンピースタイプとステテコタイプ2タイプがあります。お好みのタイプをどうぞ!

次に紹介するのはこちら!

こちらは『襟付き肌襦袢』と言います。半衿が肌襦袢に付いているので長襦袢を着なくても、きものの衿元から半衿がのぞきます。ゆかたをきもの風に着たい時にぴったりです。

このように、ゆかたを着物のように着こなすことができます。
衿が付くとよりあらたまった印象になります。

ゆかた下一つを取っても様々な種類があり、それぞれに特色があります。
店頭に並んでいるのを見ただけでは、どの商品が自分に合っているかわからないと思います。そんなときは私たちにお声掛け下さい!

「肌着に何を着ればいいかわからない。」 「浴衣や着物を着るときに必要な道具が分からない。」
着物についての悩み事、疑問に私たちが丁寧にお答えさせていただきます!

 

 

ありきたりな柄じゃ満足できないという方、豊富な種類の浴衣をご用意しています。ゆかたの着付けもしておりますので、ぜひ永見までお気に入りの一枚を見つけに来てください~!

たくさんの浴衣と一緒にお待ちしてます!

きもの永見 シルクはうす
鳥取県米子市西福原3-6-45
TEL:0859-39-1234 / FAX:0859-39-1236
WEB予約フォーム
定休日 水曜日

 


きもの永見メニュー

訪問着・留袖レンタル
お宮参り
小学生袴レンタル
永見シルクはうすの男袴
きものクリニック
着付教室
きものコンシェルジュ