きもの永見ブログ

暑い暑い夏も 少し前のことの様に 過ごしやすい日々になりましたね。

永見着付け教室 太田です。

秋と言えば、お出かけされるのに良い季節ですよね。

婚礼シーズンでもありますね。

 

着付け教室でも、夏の間 お休みされていた生徒さまも 再び足を運んで下さってます。

 

先日、伺った お悩みのひとつに

「衿元が落ち着かない」 というご相談がありました。

 

・きちんと合わせたはずの衿元が、気が付くと開いている。

・ちゃんと抜いたはずの衣紋がなぜか詰まってしまう。

 

などなど 着物をご自分で着たことのある方なら、あるある話だと思います。

今でこそ着付け講師をしておりますが、私とて 同じ悩みを抱えておりました。

 

衿元のお悩みの原因は、人それぞれで様々ありますが

解決の早道のひとつに

「胸元の補正」 があります。

洋装の寄せて上げるブラは “立体的で美しい胸”を作ってくれます。

実は、この“立体的で美しい胸”が 着くずれの原因になります。

魅惑の谷間が 着物の時は邪魔なのです。

昔は さらしを巻く人もあったようですが、面倒で大変な作業です。

では、着物を着るためにベストな胸元を作るには?

 

便利で簡単! オススメなのがこちら

美装流の和装ブラジャー

すっぽり長めの丈で優しく胸元を包んでくれます。

背中はメッシュ

前側は裏に綿で二重になり、ポケット式になっています。

 

そして 肝心の補正

鎖骨下からふっくらします。

↑これ、和装ブラのポケットに入れます。

 

こちらの三角は みぞおちをなだらかに整えます。

小さい方を大きい方の中へ入れ より膨らみを出します。

↓↓

和装ブラのアンダー部分に挟み込みます。

 

どちらの補正も和装ブラと一体化してしまうので

プカプカしたり移動してしまったりすることがなく

とっても使い勝手の良い お助けアイテムなのです。

 

これで 衿元のお悩みが解消されるのですが

実は、他にもメリットがありまして

脇のだぶつきが解消される上に 帯姿もゆったり感が生まれます。

是非とも お試しいただきたい お品でございます。

 


きもの永見メニュー

訪問着・留袖レンタル
お宮参り
小学生袴レンタル
永見シルクはうすの男袴
きものクリニック
着付教室
きものコンシェルジュ