会社概要

 

会社概要

社名
永見株式会社
商号
呉服事業 きもの永見
フォトスタジオ事業 hows photo studio
創業
1832年 天保3年
設立
1950年
資本金
1,000万円 別途積立金(2億1千万)
代表取締役
永見 吉平
社員数
30名
本社
鳥取県米子市西福原3-6-45
VISION
私たち、永見株式会社は「袖を通した時の喜びと、装う楽しさ、見守る楽しさ(きもの永見)」と「想いをカタチに、人にシアワセを(hows photo studio)」、この2つの軸を通じて、お客様を信じ、お客様を愛し、そしてお客様に尽くします。この2つの取り組みは日々を美しく艶やかに彩る「価値ある時間」を創造します。
きもの永見コンセプト
「きもの上級者」から「きものを着たことがない人」まで、「きものゲートウェイショップ」として幅広いお客様のニーズをカバーする。それが、きもの永見のコンセプトです。その基盤には高い顧客満足を第一に展開することで築いた実績と信頼が地域に根付き、単なるきもの販売店に終わらぬ、継続的で発展的な姿勢が特徴となっています。
hows photo studio コンセプト
お客様の喜び、感動、つまり「心」をカタチにし、「写真」を通じて「想い」を綴って行くことがhowsのコンセプトです。お客様と「シアワセ」を共有しながら、未来を紡ぎ、「価値ある時間」を創造。記録を残すのではなく、記念を彩り、かけがえのない瞬間を一人ひとりのストーリーとしてプロデュースします。
事業内容
・呉服事業
販売業務 店舗、展示会に来られたお客様への接客
営業企画 店頭、展示会でのイベント企画・運営
・宝飾事業
パールなど一般宝飾の販売、ジュエリーリフォーム業務
・貸衣装事業
振袖、七五三、留袖、訪問着、袴のレンタル業務
・着付教室の運営
「美装流前結び教室」の運営
・フォトスタジオ事業
「hows photo studio(ハウスフォトスタジオ)」の運営
・きものクリーニング事業
京洗い・仕立て直し・染み抜き、着物染めなどの業務
所属団体
・日本きもの連盟
・全国呉服専門店協同組合
・日本きものシステム協同組合
・社団法人リ・ジュエリー協議会
・美装流前結び

沿革

1804~1817年
藤治良が三柳屋吉兵衛 初代(吉平)として米子市道笑町にて商いを始める。
1832年
治左ヱ門、吉平を襲名、呉服太物商を創業
(永見呉服店の創業)
1864年
忠兵衛(26歳時)、三代吉平を襲名
1897年
三柳屋を改め永見呉服店に変更
1903年
由太郎、四代吉平を襲名
店舗を法勝寺町に移転
1907年
安太郎、五代吉平を襲名
1914年
京都取引問屋との間で「永京会」設立
1950年9月
株式会社永見呉服店を設立
1957年3月
博之、六代吉平を襲名
1957年9月
第1回「永選会」開催
1973年
店名を「きもの永見」とする
1983年
雑誌「きものサロン」(家庭画報)全国呉服の老舗に選ばれる
1995年
イベントホール「シルクはうす」完成
(延床面積1117㎡、駐車場70台収容)
女将さんサミット 永見令子初代会長就任
日本商工会議所 永年勤続表彰受賞2名
2000年9月
昭博、七代吉平を襲名
2010年
NPO法人 和装教育国民推進会議鳥取県支部設立
美装流前結び 米子校開講
2013年
米子市東倉吉町「hows photo studio」出店
2017年
勝田神社に「hows photo studio別館」出店

きもの永見メニュー

訪問着・留袖レンタル
お宮参り
小学生袴レンタル
永見シルクはうすの男袴
きものクリニック
着付教室
きものコンシェルジュ
来場予約