新入社員日記01

新入社員日記の更新を任されました、2017年度新入社員の吉井佐穂です。
どうぞよろしくお願いします!

私は入社するまで着物についての知識はほとんどありませんでした
そんな私が先輩社員の皆さんにどんな指導を受け、その結果どのように成長していけるかをお伝えしていきたいと思います。

入社直後はとても緊張していました。しかし、教育担当のお二人は優しくも間違っているときはわかりやすく的確に指摘してくださるのでとても頼りになり、今は落ち着いて研修を受けられています。

もう一週間ほど研修を受けていますが、入社後初めて教わったことは着物のたたみ方でした。
最初はシワを伸ばしきれず、たたむのにも時間がかかってました。しかし、入社してから一週間毎日繰り返し練習した結果、シワが入ることも少なくなり、たたむスピードも上がりました。

この一週間多くのことを教わりましたが、その中でも印象に残っている研修は、お客様にご提案する前提で振袖に合わせて帯や小物のコーディネートを決めていく練習です。
下の写真は私がコーディネートと着付けをしました。

まだまだコーディネートも着付けも未熟で、今はこれが精一杯です。
もっと綺麗なコーディネートと着付けができるよう、きもののたたみ方と同様反復練習を繰り返していく予定です。

振袖のコーディネートの練習をしている時に、教育担当の方から言われた、
「初めて振袖を着せてもらった時のことをまだ新鮮に覚えている時期だからその気持ちは大切にして欲しい。」
という言葉が印象に残っています。
初めて振袖を着せてもらったあの時の気持ちを忘れず、いらっしゃったお客様にも最高の思い出になるような振袖のご提案ができるよう心掛けていきたいです。

まだ研修は始まったばかりですが、しっかりと基礎を身につけ少しずつできることを増やしていけるよう日々努力していきます。

コメントは利用できません。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用エントリー
Copyright 2018 きもの永見採用サイト