いつでも、お客様のために。

永見株式会社の経営理念は「お客様を信じ、お客様を愛し、お客様に尽くす」こと。
着物という日本の伝統美を元に、心豊かなライフスタイルを提供する呉服店「きもの永見」と、想いをカタチに残す写真館「hows photo studio」の2店舗を軸に、お客様の大切な日を華やかに彩ります。

きもの永見 コンセプト

「美しく健やかに 価値ある時間をあなたへ」
着物に袖を通したときの高まる気持ち、鏡を見た時のはにかむ笑顔。
晴れ姿を見るご家族様やご親戚様のあたたかさ――。
着物には、着る人とその周りの人々を幸せにする力があります。
「きもの上級者」から「きものを着たことがない人」まで、すべての年代の方に着物をまとう喜びと、その幸せな時間を知っていただきたいと願っています。
わたしたちはお客様の満足を一番に考え、そこでの信頼を得る喜びを糧とし、単なる呉服屋に終わらないように、発展的な姿勢で未来へつなげていきます。

きもの永見のVISION

「目標は地域で、一番! 着物の楽しさを伝えられる店。」
「袖を通したときの喜び」「装う楽しさ」「見守る嬉しさ」を伝える5つの戦略があります。
Keyword 01   欲しいが見つかる「買いやすいお店」
Keyword 02   悩みや不安に応える「知恵をもっているお店」
Keyword 03   元気になれる「愛される呉服屋」
Keyword 04   着物を着る楽しさを知ってもらう「着付け教室」
Keyword 05   着物を着てお出かけをする「場の提供・提案」

hows photo studio コンセプト

写真には、人を幸せな気持ちにする力があります。
ただこの瞬間だけでない、これまで共にした時間、思い出、
そして未来を思わせる風景まで写し出されます。
見返すたびに、その日の楽しみや感動を思い出す――。
ご家族みなさまの宝物となるような1枚を写し出すのが
hows photo studioの使命です。 

hows photo studio  VISION

「目標は地域で一番! 家族の繋がる喜びを伝えることができる店」
「思い出の素晴らしさ」「共に過ごす時間の温かさ」「未来への願い」を伝える5つの戦略があります。
Keyword 01   1日3組限定で「ご家族様をゆっくり撮影」
Keyword 02   料金を「わかりやすく説明」
Keyword 03   「楽しく撮影」できる空間をコーディネート
Keyword 04   一組一組に合った撮影をするための「綿密なカウンセリング」
Keyword 05   カメラ技術、ヘアメイク技術への「向上心」

代表インタビュー

天保3年(1832)に看板を掲げた永見株式会社は地元の老舗呉服店であり、鳥取県内で6番目に古い企業となります。
歴代当主から受け継いだ歴史と伝統は非常に尊いものですが、永見のあり方はいつの時代も革新的でした。美しい着物文化を継承し、「着物」というモノを販売するだけでなく、そこから広がる“和の美”をテーマとした文化を提案し続けるという姿勢を貫いてきたのです。
伝統と、この革新性は今も継承され、平成5年には200畳の展示場とギャラリーを備えた『シルクはうす』を、業界に先駆けてオープンさせ、情報とコミュニケーションの拠点として数々の画期的な催事を打ち出し注目を集めてきました。
さらに、新規事業としてフォトスタジオの運営も開始。今後は歴史と伝統という縦軸に加え、横軸としてエンターテイメントの要素を据え、アニバーサリーカンパニーとしての新機軸を打ち出し、新たな時代の価値創造に取り組んで行きたいと考えています。
そうした志向に賛同いただき、共に未来を切り開きたいという方は、ぜひ、弊社の一員となって共に歩んで参りましょう。

永見株式会社 代表取締役社長 永見吉平

会社情報

COMPANY

沿革

1804~1817年
藤治良が三柳屋吉兵衛 初代(吉平)として
米子市道笑町にて商いを始める。
1832年
治左ヱ門、吉平を襲名、呉服太物商を創業
(永見呉服店の創業)
1864年
忠兵衛(26歳時)、三代吉平を襲名
1897年
三柳屋を改め永見呉服店に変更
1903年
由太郎、四代吉平を襲名
店舗を法勝寺町に移転
1907年
安太郎、五代吉平を襲名
1914年
京都取引問屋との間で「永京会」設立
1950年9月
株式会社永見呉服店を設立
1957年3月
博之、六代吉平を襲名
1957年9月
第1回「永選会」開催
1973年
店名を「きもの永見」とする
1983年
雑誌「きものサロン」(家庭画報)全国呉服の老舗に選ばれる
1995年
イベントホール「シルクはうす」完成
(延床面積1117㎡、駐車場70台収容)
女将さんサミット 永見令子初代会長就任
日本商工会議所 永年勤続表彰受賞2名
2000年9月
昭博、七代吉平を襲名
2010年
NPO法人 和装教育国民推進会議鳥取県支部設立
美装流前結び 米子校開講
2013年
米子市東倉吉町「hows photo studio」出店
2018年
米子市勝田町「hows photo studio勝田神社店」出店

会社概要

社名
永見株式会社
商号
呉服事業 きもの永見
フォトスタジオ事業 hows photo studio
創業
1832年 天保3年
設立
1950年
資本金
1,000万円 別途積立金(2億1千万)
代表取締役
永見 吉平
社員数
30名
本社
鳥取県米子市法勝寺町85
事業内容
・呉服事業
 販売業務 店舗、展示会に来られたお客様への接客
 営業企画 店頭、展示会でのイベント企画・運営
・宝飾事業
 パールなど一般宝飾の販売、ジュエリーリフォーム業務
・貸衣装事業
 振袖、七五三、留袖、訪問着、袴のレンタル業務
・着付教室の運営
「美装流前結び教室」の運営
・フォトスタジオ事業
「hows photo studio(ハウスフォトスタジオ)」の運営
・きものクリーニング事業
 京洗い・仕立て直し・染み抜き、着物染めなどの業務

アクセス

きもの永見 シルクはうす
住所:〒683-0805鳥取県米子市西福原3-6-45
電話番号:0859-39-1234

hows photo studio
住所:鳥取県米子市東倉吉町85-1 STANCEビル4F
電話番号:0859-30-3955

勝田神社スタジオ
住所:鳥取県米子市博労町2-10
電話番号:0859-30-3955

求人採用のエントリーはこちら

求人採用エントリー
Copyright 2018 きもの永見採用サイト