きもの永見ブログ

 

こんにちは きもの永見 高橋です。

今回は長寿のお祝いについてご紹介します。

長寿のお祝いというものは、もともとは中国の風習で元服・婚礼と並んで三代祝儀となっていました。
日本では奈良時代、聖武天皇が40歳を迎えられたのを記念してお祝いしたのが始まりと言われています。
江戸時代から一般庶民の間でも祝われるようになり、今日までその風習は続いています。

 

長寿のお祝いでお召しになる祝着ですが、
赤いちゃんちゃんこの祝い着と頭巾をかぶって還暦をお祝いする、といったイメージが有名ですよね。

 

もちろん、還暦以外にも節目の年齢に応じてお祝いがあります。
そして、それぞれのお祝いで呼び方とお召しになる色が変わるのです。

 

まず、一番最初の長寿のお祝いである還暦は、
暦の干支が61年目に生まれた年の干支に戻るため本卦還り(ほんけかえり)とも言われます。
ちなみに、本卦(ほんけ)とは生まれ年の干支という意味があります。

還暦祝いで赤いちゃんちゃんこをご家族が贈られるのは、
赤が魔よけの色であるということや、赤ちゃんに還る意味で、ということからきています。

長寿を迎え、ますますお元気にという願いをこめてのお祝いなんですね。

 

引き続き、長寿のお祝いを迎える年齢と名称、お召しになる色についてご紹介していきたいと思います。

 

記事を見て頂きありがとうございます。
他にもきもの永見公式HPきもの永見インスタグラムにも写真や情報を載せておりますので
こちらもチェックをお願いします。