きもの永見ブログ

 

こんにちは きもの永見 高橋です。

 

前回は長寿の祝として一番最初に迎える還暦、そこで赤をお召しになる謂われのお話をさせて頂きました。

今回は紫色のお祝着をお召しになる「古希」と「喜寿」についてご紹介していきます。

 

まず、七十歳のお祝いを「古希」と言います。

唐の詩人・杜甫のよんだ詩「人生七十年古来稀なり」に由来していて、
昔は短命な人が多く、七十歳まで長寿を保つのは本当に稀であったことから
無事に七十歳を迎えたことをお祝いしています。

現代では還暦よりも本格的な長寿の祝いと考えられているようです。

 

そして、もう一つ。紫を贈るお祝いとされているのが七十七歳の「喜寿」です。

「喜」という字の草書体が「㐂」で、七を三つ重ねた形になり、七十七と読めることに由来しています。
還暦と古希は元々中国から伝わったものですが、喜寿のお祝いに関しては日本が発祥と言われています。

現代では長寿国家の日本でも、昔は四十歳、五十歳が終年の時代でした。

紫色には、心と体の癒やしの効果があります。
そしてかつては位の高い方々だけが身につけることを許されていた色でもあります。
そこから生まれる高貴さや敬意のイメージに、「これからも長生きしてほしい」という願いをこめ喜寿のお祝いにこの色を用いたのだと思われます。

 

記事を見て頂きありがとうございます。
他にもきもの永見公式HPきもの永見インスタグラムにも写真や情報を載せておりますので
こちらもチェックをお願いします。