きもの永見ブログ

高橋
高橋
こんにちは きもの永見 高橋です

先日、お客様がお仕立された浴衣が出来上がりました。
社員みんなで大盛り上がりで拝見させていただき、そろそろゆかたの季節だと感じます。

高橋
高橋
そこで、今回はこれまでのブログのゆかた記事やTwitterなどに載せたコーディネートをまとめてみました。
ゆかたをお探しの方の参考になればと思います。
また、初めてゆかたを着られる方のため、浴衣を着るときに必要な道具や
ゆかたを仕立てるときに必要な準備などの豆知識も紹介していきますね。

きもの永見セレクト 浴衣コーディネート

ゆかたをお探しの際、ゆかた単品の色・柄で選ばれる方が多いと思います。
そこにプラスで、一緒にどんな帯や小物を合わせるかを見てみると、より着てみた時の雰囲気が想像しやすくなりますよ。
全体のコーディネートをゆかたを選ぶ参考にしてみてはいかがでしょう?

 帯で印象を変えてみる 

同じゆかたでも、帯を変えるだけでそれぞれ違った雰囲気を演出できます。

高橋
高橋
白い牡丹の柄がきれいなこちらのゆかた。ここから様々な帯を組み合わせてみると…

ピンクの帯を締めると可愛く女性らしい印象に。
牡丹の色と同系色のピンクなので
ゆかたに馴染む色合いです。

次は黄色の帯を締めてみました。 
黄色の帯は明るく華やかな印象になって
賑やかなお祭りにぴったりです。

紫の帯は他の2本と比べて
落ち着いた印象に。
ゆかたを大人っぽく着こなしたい方に
オススメです。

三種類の帯を合わせてみましたがどれもガラリと違った印象に。
でも、帯を何種類も揃えるのは大変…という方もご安心ください。

表と裏の色柄が異なるリバーシブル帯を使えば、着用シーンや気分に応じて気軽にゆかたの印象を変える事ができます

 帯〆でアレンジ 

半巾帯に帯〆や帯飾りをプラスすることでちょっとしたアクセントになります。
他のゆかた姿の方よりワンランク上の装いで、周囲から注目されるかもしれません。

帯締めはゆかただけでなく着物にも使えるものもありますので、両方使える帯〆を揃えておかれると使えるシーンが広がります。

↓こちらに帯〆の種類などについて、詳しい記事が載っています。

 半衿をつけて夏着物コーディネート 

こちらのゆかたコーディネートは半衿を付け、名古屋帯を締めた夏着物としての装いです。
足元は写真に写っていませんが、このように半衿つきで着物を着た場合は、足袋を履いた方が良いでしょう。

こちらはゆかたと半巾帯の組み合わせよりも上品であらたまった着姿になります。美術館や博物館、舞台観劇など「きちんと感」のある場所でしたら、ゆかたに素足の下駄で来場されるよりはこういった組み合わせでの鑑賞・観劇スタイルですとあらたまった雰囲気でとても素敵です。

高橋
高橋
では、具体的に夏着物風コーディネートをするとしたらゆかたの下に何を着たら良いのでしょうか?
正式な夏着物を着る時は夏物の長襦袢を着用しますが、もっと気軽に夏着物風にゆかたを楽しめるアイテムがあります。


それがこちらの衿付き肌襦袢です。

半衿が肌襦袢に付いているので長襦袢を着なくても、きものの衿元から半衿がのぞきますので
↓の写真のように簡単にゆかたをきもの風に着ることができます。

ゆかたを着るのに必要な道具

高橋
高橋
この時期になると
「お祭りやおでかけで浴衣を着たいけれど、何を準備したらいいですか?」
とお問い合わせを頂くことが多いです。
そこで、浴衣を着るにあたって必要なものについて紹介していきますね!

 ゆかたを着るのに何が必要? 

◇浴衣・下駄・半幅帯

まず一番に準備するのは浴衣と半巾帯、下駄です。

ここまでは着た時に外から見える部分なので皆さん御存じだと思います。何枚も持っていて組み合わせが分からない、帯のコーディネートに悩む…といったお悩みもぜひお気軽にご相談ください。

次は、着付けに必要な着付道具についてもご説明します。

◇腰紐(こしひも) 3~4本

◇コーリンベルト1本

両端のクリップで衿を止める道具で、綺麗に衿合わせができます。着崩れ防止のお道具です。

◇前板
 半巾帯にこの帯板を挟むことで、帯の見た目がすっきりします。
写真は差し込みタイプですが、ベルト付きのものでも大丈夫です。

◇衿芯

衿芯はゆかたの衿の内側に入れると衿元がきれいな形になります。
特に浴衣の生地がやわらかいもの(例:セオアルファの浴衣など)は何も入れずに着付けをすると衿元がクタっとしてしまいます。
せっかく綺麗に衿合わせをしてもゆかた全体の見栄えがヨレて見えてしまうかもしれません…。準備しておくと着姿が美しくなるオススメの品です。

◇タオル2~3枚
補正用に使うタオルで、本数は人によって個人差があります。
薄手の浴用タオルがオススメで、バスタオル・ハンカチタオルは✕。
また、タオルがクッションとなるので腰紐が直接締め付けることなく楽に着れますし、汗もしっかり吸ってくれるという効果もあります。

◇ゆかた下(ゆかた・きもの用肌着)

こちらはゆかたの下に着用する夏用の和装肌着です。
ゆかたを着る時の必需品と言っても差し支え有りません。

「浴衣だけで着ちゃだめなの?」 と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
昔でしたら浴衣という漢字の通り、湯上りに着る着物で、浴衣のみで着るのが一般的でしたが、現在はゆかたを着るシーンといえばむしろ「おでかけ」用の装いです。現代におけるゆかたは、気軽に着るものというより「ここぞ!」という時に着る特別な一枚になりつつあります。
そんな特別な一枚で大切な浴衣が汚れてしまわないよう、ゆかた下という肌着を着るのがエチケットでしょう。

また、ゆかたは薄い生地が多く透けて見えることが多いです。特に、白やパステル調のゆかたなどは下に着ている物の色がほぼ透けます。

高橋
高橋
実際に、町中を歩いているゆかた姿の方をお見かけしたとき、下着の色がハッキリと透けていてとても驚いたことがあります・・・。

せっかくのゆかた姿なのに、恥ずかしい思いをするのは絶対に避けたいですよね。そのためにもゆかた下の着用をおすすめします。

 

ゆかた下にもさまざまな種類があります。
ワンピースタイプのものは上から下まで簡単にカバーできますので使い勝手がとても良いです。

また、セパレート(上下分かれているタイプ)の、肌襦袢・裾除けもOKです。

「さららビューティー」という商品はワンピースタイプの他にもシャツ・ステテコタイプもありますので動きやすさを求める方にはオススメのゆかた下です。

 

高橋
高橋
着付け道具や和装肌着など、ここに挙げたもの以外にもたくさんの種類がありますので、
「肌着は何を選べばいいのか…」
「家にある道具で着付けができるの?」
といった着物についての悩み事があればぜひお気軽にお尋ねください。
ひとつひとつ丁寧にお答えさせていただきます!

 

オーダーメイドのゆかたをお仕立てするには

 「お誂(あつら)えゆかた」って? 

よくショッピングモールなどで売られているゆかたはほとんどがそのまま着れる「プレタゆかた」です。

お誂えのゆかたはゆかたの形になる前の反物の状態から選び、マイサイズのゆかたを一から作ることができます。つまり、オーダーメイドで自分のためだけのゆかたができあがります。


自分にピッタリのゆかたでおでかけしたい!という方におススメなのがこの「お誂(あつら)えゆかた」です。

 お誂えゆかたを作るメリットって? 

オーダーメイドで浴衣を作るメリットはたくさんあります。

・大きさがぴったりのマイサイズ

・着姿がきれい

・着付けがしやすい

と、仕立て上がりのできあがったゆかたと比べても着やすさは格段に変わってきます。

浴衣をきれいに着るポイントは

肩裄(手の長さ)

身丈(身長)

身幅(腰回り)

が大切です。自分の身体に対して大きすぎても、小さすぎてもキレイに着付けは出来ません。体型にあったご自分のサイズがあります。

きもの永見ではお客様一人ひとりのサイズをきちんと測って、それに合わせたゆかたができあがりますので、小柄な方や身長の高い方も安心してマイサイズのゆかたを着ることができます。

また、種類も豊富なのでお探しのゆかたがきっと見つかるはずです

 ゆかたの反物は試着できるの? 

反物の状態で並んでいますので、「実際に着たイメージがつかめないんじゃ?」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。
一枚の生地の反物をまるで出来上がったゆかたを着ているように着付けいたします。


実際に着付けをした姿がこちらです。本当にゆかたを着た時と同じように映るのでひろげた時とイメージが違った・・・なんてこともありませんよ。

白い衿を付けて着物風に着ることもできますし、帯のコーディネートもたくさん楽しめます♪
ゆかたのお仕立てをお考えの際は、ぜひ永見で反物ゆかたの着装をお試しください。

高橋
高橋
きもの永見では豊富な種類の浴衣をご用意しています。ゆかたの着付けもしておりますので、ぜひ永見までお気に入りの一枚を見つけに来てください。

ご予約は↓からどうぞ。

予約フォーム

きもの永見SNS

記事を見て頂きありがとうございます。
他にもきもの永見公式HPきもの永見インスタグラムにも写真や情報を載せておりますので
こちらもチェックをお願いします。