きもの永見ブログ

太田
太田
こんにちは 「白い半衿をしない人」と囁かれている きもの永見 着付け教室の太田です

昨今、大人の浴衣の着方として、足袋と半衿をつけて夏着物風に着る着方が定着してきましたよね。

 

浴衣の下に長襦袢を着ていただいても良いのですが、より涼しく着るため 長襦袢を着なくても まるで着ているかのように見せる「衿付き肌襦袢」なども様々なタイプがありますね。

永見の店頭にも今夏からワンピースタイプの衿付きが入荷し、お客様よりご好評を頂いております。

もちろん着物風の仕上がりには浴衣の柄が大きく影響しますので、何でもかんでも半衿をのぞかせれば良いというわけではありませんが…。

 

そこはそれ、ちょっと落ち着いた柄ゆきのものがよろしいのではないでしょうか。

そして、素材も気になるところですね。

昔ながらの湯上がりに着るような〈綿コーマ〉より、〈綿紅梅〉や〈綿絽〉〈綿紬〉などの素材のものに より夏着物に近い柄があるように思います。

今人気のセオ・アルファも様々な柄がありますが、生地の質感がタレ感があり、しっとりとした着上がりになることは間違いなしです。

 

夏の半衿といえば、フォーマルからカジュアルまで どんな着物にも合わせられるオールマイティな白い半衿の 絽の塩瀬 が一般的です。

特にフォーマルな装いにおいては通年通して 白半衿 が定番とも言えるでしょう。

 

では、カジュアルは?

当然 浴衣はカジュアルになりますので お好きな色柄の半衿を合わせて楽しんでいただけます。

もちろん白い半衿で問題ないのですが、せっかく制約のないカジュアルだからこそ 白以外の半衿を付けて遊んでみてはいかがでしょう。

 

季節に合わせて涼しげなレースの半衿もこのところ人気が高まっています。

レース半衿は、色物の下地で一工夫するのも面白いです。

グレーのレースの下から黒が覗いています。

 

季節モチーフが付いた半衿も可愛いですね。

柔らかいピンク地の絽ちりめんにカニの刺繍

 

こちらは絽ちりめんに 色鮮やかな金魚のワンポイント

 

ご紹介したのは ほんの一例です。

この他にも 麻素材のものなど 夏に向く半衿もまだまだ沢山あります。

ご自分のお気に入りを見つけて下さいね。

 

ちなみに 浴衣や小千谷ちぢみなど 夏物のカジュアルに半衿を付けて着るときは

足元は足袋を履かれることをオススメします。

きちんと感があり あらたまった印象になりますし、全体のバランスも良くなります。

足元は 足袋に下駄で 涼やかに…。 ステキですね。

 

 

衿元から こだわりをのぞかせてみませんか
太田
太田

ご自分で半衿を縫い付けるのが苦手な方は きもの永見でも半衿付けをお受け致しております。

少々日数がかかりますので 納期・料金など お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

記事を見て頂きありがとうございます。
他にもきもの永見公式HPきもの永見インスタグラムにも写真や情報を載せておりますので
こちらもチェックをお願いします。